クレンジングを変えて、くすみをケアしよう

気がついたら目元や頬がくすんでいた、なんていう経験はありませんか?肌のくすみをケアするには、毎日のスキンケアが重要になってきます。

毎日丁寧にスキンケアしているにもかかわらず、くすみが悪化する場合は、スキンケアが間違っている可能性があります。スキンケアというと、化粧水や美容液に注目がいきがちですが、クレンジングにこだわることも大切です。クレンジングは肌についている汚れを落とすものです。これが疎かになっていると、肌にメイクや皮脂を残すことになります。さらに、あわないクレンジングを選ぶと、肌に大きな負担をかけることにもなります。

その結果、くすみやたるみ、シミ、黒ずみ、乾燥などの肌トラブルを招くこともあるから注意しましょう。くすみをケアするには、クレンジングのタイプを知ることがポイントになってきます。タイプは洗浄力が強いものと、弱いものに分けることができます。洗浄力が強いものには、シート、オイル、リキッドがあげられます。逆に、弱いものにはミルクやクリームがあります。これらを選ぶポイントは、ベースメイクの濃さを基準にします。

ファンデーションやチークが濃い場合は、洗浄力が強いオイルタイプなどを選びましょう。薄めの人は、ミルクやクリームを選ぶのがおすすめです。ベースメイクが濃いにもかかわらず、ミルクやクリームを選んでしまうと、肌をゴシゴシとこすってメイクを落とそうとしてしまいます。これだと肌を傷つけてしまい、くすみや乾燥を悪化させる場合があるから注意が必要です。

大宮でわきが治療するならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です