クレンジングでくすみを解消

クレンジングでメイクをしっかりと落とすことで、くすみを解消する効果が期待できます。

クレンジングの使い方としてはまず、目元や口元のポイントメイクから落としますが、ふき取りシートを使用するのは避けるのが望ましいです。そして、洗顔する時と同様に、ゴシゴシとこすらないように注意しながら、優しく指先で円を描くようにメイクを落としていきます。最後に、すすぎ残しがないようにぬるま湯でしっかりと洗い流します。この時、すすぎまでの時間はできれば1分以内に、長くても2分以内には終えるようにすることが理想的です。

また、クレンジングには様々な種類のものがありますが、メイクの濃さや肌質に合うものを選ぶことも大切です。オイルタイプのものは、洗浄力が高く、肌へ刺激を与えて乾燥させてしまう場合があるため、毎日使うのは避けることが望ましいとされています。そのため、メイクをしっかりとした場合や、肌の状態が良い時はオイルタイプで、その他の日は負担の少ないミルクタイプのものを使用するなど、使い分けをすると肌への負担を減らすことができます。

オイルタイプを使い続けると、乾燥肌によるくすみの原因の1つになる可能性があるため、注意が必要です。さらに、洗浄力が高いものが多いクレンジングは、それを塗ったままでマッサージを行うと、肌の潤いを奪ってしまう場合があるため、マッサージはしないほうが良いです。肌のくすみは、化粧品による色素沈着が原因の1つだとされているので、くすみを解消するためには、メイクをした場合はその日のうちにクレンジングで落とすことが大切です。

大宮の美容皮膚科に行くならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です